税理士を選ぶ

遺産相続をするときには相続税が発生するかもしれないことを想定しておかなければなりませんが、相続税がかかる場合は税理士に依頼して手続きを進めていくとスムーズかつ確実になります。
ただ一般的にこういった専門家へ依頼すると料金が高い、本当にきちんとやってくれるのか?といったネガティブな意見も出てきますので、選ぶにしても慎重になる人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は税理士を選ぶときにはどのような点を意識すればいいのかお伝えしていきますので、これから相続税について税理士に相談したいと考えている人は参考にしてください。

はじめに税理士とひと言で言っても全員が相続税に強いわけではなく、中には法人税や所得税、消費税といった相続税とはまったく関係ない税金を専門分野にしている税理士もいます。
したがって第一に意識することは税理士自身が相続税を得意としているかどうかで、ここは最低条件になります。
相続税を専門にしている税理士なら過去にも数多くの相続税が関わる案件を担当していますし、もっとも重要になる節税対策や税務調査対策などをきちんと行ってくれます。

次に税理士の料金が高いというイメージを持っている人にお伝えしたいのが、税理士の料金は相場がだいたい決まっているので、まずはそこをきちんと把握することからはじめてください。
相場の基準はどんなことを依頼するかによっても変わってきますので、ひとつの税理士の話を聞くのではなく複数の事務所にコンタクトを取ってみて比較するといいでしょう。

最近ではインターネット上に税理士を選ぶときのポイントなどを記載している専門サイトもあって、そういったところでは税理士の報酬はどれくらいが相場なのかと同時におすすめの税理士なども記載されています。
また、ホームページを持っている税理士事務所も増えているため、そこから直接コンタクトをとることもできますし、報酬について記載しているのでそこを確認してみてください。