税理士の費用

遺産相続をするときに相続税がかかるかもしれないことを想定している人も多いと思いますが、相続税について相談するなら税理士に依頼することになるでしょう。
これまで相続税は富裕層が納める税金というイメージが持たれていましたが、平成27年1月1日以降基礎控除の計算式が改正になってから大幅に引き下がったので課税対象になる人も増え、より身近な税金になりました。

平成26年12月31日までの段階では5,000万円+1,000万円×相続人の数で計算式で計算していましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円+600万円×相続人の数という計算式に改正されています。
その結果、たとえば相続人が3人いる場合は改正前だと8,000万円の基礎控除額がありますが、改正後だと4,800万円まで引き下がってしまいます。

そして相続税の手続きなどを税理士に依頼するときに気になるのが費用だと思いますが、これは税理士事務所によって異なりますのであらかじめ事務所に問い合わせておく必要があります。
もともと税理士の費用に関しては規定があって、相続の手続きを依頼する場合は相続財産が5,000万円未満の場合が200,000円、7,000万円未満の場合が350,000円、1億円未満の場合が600,000円、3億円未満の場合が850,000円、5億円未満の場合が1,100,000円、7億円未満の場合が1,350,000円、10億円未満の場合が1,700,000円、10億円以上の場合が1,800,000円、そして1億円増すごとに10万円を加算されるという風になっていましたが、現在はこの規定は廃止されています。

現在の規定に関しては税理士事務所ごとに上限の規定を定めている形になりますので、どういう依頼をするかによって変わってきますからいくつかの事務所へ見積を出してもらうといいかもしれません。
くわしくは税理士事務所のホームぺージを覗いてみると分かりやすいので、いろいろなホームページをチェックして比較するといいでしょう。