税理士への依頼

相続税は被相続人から遺産相続をした場合にかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるわけではありませんが、課税対象になった場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内に税務署へ申告しなければなりません。
相続税申告の手続きは自分で行うこともできるものの、専門的な知識が必要だったり、節税などのことを考えると税理士に依頼するのはおすすめです。

税理士はその名の通り税金に関する業務を扱っている職業で、相続税以外にも所得税や法人税、消費税などいろいろな税金を扱っています。
相続税について税理士に相談する場合、まず考えておきたいのが「相続税を得意としているかどうか」という点で、ここは非常に重要なポイントになります。
弁護士に依頼するときにも専門分野はどこなのか調べてから依頼するのと同じように税理士にも専門分野がありますので、ここはホームページなどをチェックして問い合わせてください。

次に気になるのが税理士への報酬だと思いますが、税理士への報酬は現在規定が廃止されているものの、事務所ごとに限度となる規定を設けているのでそこをチェックしてみてください。
報酬の規定に関しては税理士事務所のホームページに記載しているところもあれば、そうではないところもあると思いますので、気になる場合は直接聞いてみるか見積を出してもらうといいでしょう。
相続税の場合、単純に税務署への提出書類のみを作成してほしいのか、あるいは相続税をできるだけ少なくするための仕事をしてほしいのか、いろいろとできますので自分の希望に応じて見積の料金も変化します。

ですからひとつの税理士事務所のみに見積を依頼するのではなく、複数の事務所へ依頼してみて比較してから正式な依頼をするといいでしょう。
基本的に相談だけなら無料でやってくれるところがほとんどですし、最近ではインターネット上から簡単な税務相談ができるサイトもあるみたいなので、そちらも利用してみてください。