税理士と顧問契約

税金のエキスパートと言えば税理士ですが、遺産相続によって相続税がかかるかもしれない場合、税理士に相談するとどのようにすればいいのか良いアドバイスをもらえますし、節税対策もしてもらえます。
もともと税理士と顧問契約していた人であれば、遺産相続が決まった時点で、顧問の税理士へ連絡してその後の手続きに関する話を進めていけばいいのですが、まだ税理士が決まっていない場合は情報収集する必要があります。
そこで今回は将来的に顧問となる税理士を求めている人に選ぶときのポイントをいくつか紹介していきますので参考にしてください。

はじめに顧問にする税理士にどのようなことを求めているのかというのが重要になりますが、これは相続税だけを任せるのであれば相続税に強い税理士を選べば問題ありません。
税理士にも得意分野があって、相続税を得意にしている人もいれば所得税や法人税、消費税などほかの税金を得意にしている人もいますので、得意な分野のほうが能力を発揮できる分、依頼する側にもメリットがあります。

ただトータル的にサポートしてもらいたい場合は相続税だけに強い税理士では困ることもありますので、総合力のある人が必要になります。
総合力の高い税理士と言っても、結局は何かしらの得意分野がありますので、どこを重視するか決めてから依頼するようにしてください。
税理士は横の繋がりもありますから、万が一自分では対応できないと言われたときに紹介してもらえることもあるので、人脈のある税理士を顧問にするといいかもしれません。

さらに必ず税理士自身がコミュニケーションを取ってくれるというのが重要で、スタッフ任せにしてなかなか相談に乗ってくれないというところはやめたほうがいいでしょう。
この点はあらかじめ問いあわせて聞いても問題ありませんので、どんな得意分野があるのか、税理士自身が対応してくれるのか、などほかにも気になるところがあれば積極的に聞いておいてください。