相続に強い税理士

遺産相続をしたときに相続税がかかるかもしれない…そういったときに役立つのが税理士の存在です。
税理士はその名の通り税金のエキスパートですから、あらゆる税金の悩みをクリアにすることができますし、トラブルにも対応してくれるとても心強い専門家です。
特に遺産相続はトラブルが起こりやすいことでも知られていますし、相続税に関するトラブルもよく起こります。

たとえば相続税は一般的にお金持ちの人が納める税金というイメージが強く、これはたくさんの財産を相続した人にかかる税金だからで、自分には縁のないものと思い込んでいる人がけっこういるからです。
しかしその原因となっているのは相続税の基礎控除の高さだったのですが、相続税の基礎控除は平成27年1月1日以降大幅に引き下げられており、現在ではたくさんの人が課税対象になっています。
平成26年12月31日までの基礎控除の計算式は5,000万円+1,000万円×相続人の数で計算しましたが、平成27年1月1日以降は3,000万円+600万円×相続人の数という計算式に改正されました。
計算式の改正によっておよそ40パーセントも引き下げられた形になりますので、これまで相続税の対象にならなかった人も相続税を納めなければならないようになったのです。

つまりそれだけ税理士の需要も増してきている証拠になりますから、税理士を選ぶときには相続に強い人を見つけなければなりません。
相続に強い税理士というのは基本的に相続税をメインに扱っている人のことで、こういった人に依頼することによって納める相続税を少なくすることができますし、税務調査への対策も練ってくれます。

自分だけではなかなか難しい部分でもあるので、まずは税理士事務所のホームページをチェックしてみて、どのような実績があるのか、またホームページには連絡先も記載されていますので気になる点があれば問い合わせてみてください。
情報収集をして比較することはとても大切です。