節税について

遺産相続をするときにたくさんの財産を相続すると相続税がかかる場合があります。
相続税は遺産相続をしたすべての人が対象になるわけではありませんので、相続人によっては関係ないことではありますが、知識として把握しておくと自分が相続税の対象になったときに対応しやすくなります。
相続税が発生すると金額が大きくなることも多くなるため、できるだけ節税できる選択肢を持っておくことが大切になりますが、相続税を節税するためにはどのような手段があるのでしょうか?

まずもっともよく知られており、簡単な方法としてあげられるのが生前贈与を利用したもので、これは贈与税の基礎控除を活用する節税です。
贈与税の基礎控除は年間で110万円までと決まっているため、毎年基礎控除内の贈与を繰り返しておけば遺産相続になったときの相続財産が少なくなりますので、その分相続税の負担も小さくなります。

ただ、ひとつ注意して欲しいのが贈与税の基礎控除は110万円と定められているものの、これを毎年繰り返しているとまとまった財産を分割で贈与していると判断されてしまい、連年贈与とされてしまう可能性があります。
連年贈与になってしまうと通常通りの贈与税を納めなければならないので、せっかく基礎控除を利用した節税をしようとしていても無駄になってしまいます。
対策としては毎年同じ金額の贈与を行うのではなく金額を変更したり、何回かは基礎控除を少し超えるくらいの贈与をしてあえて贈与税を納めるといったやり方がおすすめです。
さらに契約書を作成して、毎年やっていることではないという意思表示をすることも重要なポイントでしょう。

このほかにも相続時精算課税制度で収益不動産を贈与することや教育資金贈与で1,500万円まで非課税にすることができますので、活用してみてください。
詳しいことは税理士に問い合わせてみると分かりやすいですから、まずはお近くの税理士事務所で相続税の節税について聞いてみてください。