相続手続きは海外だとどうなる?

・相続手続きは海外にいても適用される?
相続のパターンは一辺倒ではなく、本当にさまざまな状況が考えられます。
近年増加傾向にあるのが、相続をする相続人が海外にいる場合です。
中には「日本の法律だから日本にいないと適用されない」と不安になっている方もいるかもしれませんね。
しかし、結論を先に言うと、相続の手続きは海外にいる人も適用されます。
例えば被相続人の配偶者がアメリカなどに移住している場合、被相続人が亡くなった時点でアメリカで相続を受けることができるのです。
被相続人との関係にもよりますが、配偶者や子供であれば相続を受ける権利があるので、そこは心配する必要はまったくありません。
そのため、海外にいるという方でも遠慮することなく手続きを行いましょう。

・相続の手続きは必要となる?
海外にいる場合であっても、相続の手続きは必要となります。
もちろん、そこは日本の法律に従って相続手続きが必要となるので、注意が必要です。
配偶者の場合も子供の場合も、日本の法律をしっかり熟知して相続の手続きを行っていくことが必要となってくるでしょう。
相続の場合は状況がそれぞれの家庭によってまったく違ってくるので一概には言えませんが、海外に複数の遺族がいる場合でも同様です。
被相続人と一緒にアメリカに移住した場合はもちろん、離婚後に自身が移住したものの、子供などがいる場合でも手続きは必要となります。
そこを理解しておくことで、しっかり相続を受けられるようにしておくことが重要です。
相続放棄をする場合はもちろん、相続をする場合も手続きが必要となる点に関しては、覚えておくようにしましょう。
ただ、中には親のことをあまり知らないという状況の人もいるかもしれません。
例えば、小さな頃に両親が離婚し、海外に移住した場合などは、子供たちも状況が把握できていないこともあるでしょう。
被相続人が亡くなった場合、その被相続人の相続対象となる相続人がいるかどうかの調査もあるので、そちらで明確にしておくことが重要です。

・海外にいる相続人の続柄はどこまで適用?
海外にいる相続人の中には、関係が曖昧な相続人もいるかもしれません。
被相続人本人の配偶者や子供であれば問題なく相続できるのですが、例えば孫やいとこのように少し血縁も遠くなっていくと、関係も曖昧になることがあります。
それらの点もしっかり考慮しておくことが必要となるでしょう。
ただ、こればかりは状況によってかなり変わってくるので、心配な方は専門家に相談してみてください。