相続手続きは海外だとどうなる?

・相続手続きは海外にいても適用される?
相続のパターンは一辺倒ではなく、本当にさまざまな状況が考えられます。
近年増加傾向にあるのが、相続をする相続人が海外にいる場合です。
中には「日本の法律だから日本にいないと適用されない」と不安になっている方もいるかもしれませんね。
しかし、結論を先に言うと、相続の手続きは海外にいる人も適用されます。
例えば被相続人の配偶者がアメリカなどに移住している場合、被相続人が亡くなった時点でアメリカで相続を受けることができるのです。
被相続人との関係にもよりますが、配偶者や子供であれば相続を受ける権利があるので、そこは心配する必要はまったくありません。
そのため、海外にいるという方でも遠慮することなく手続きを行いましょう。

Continue reading “相続手続きは海外だとどうなる?”

相続手続きは海外だとどうなる?

・相続手続きは海外にいても適用される?
相続のパターンは一辺倒ではなく、本当にさまざまな状況が考えられます。
近年増加傾向にあるのが、相続をする相続人が海外にいる場合です。
中には「日本の法律だから日本にいないと適用されない」と不安になっている方もいるかもしれませんね。
しかし、結論を先に言うと、相続の手続きは海外にいる人も適用されます。
例えば被相続人の配偶者がアメリカなどに移住している場合、被相続人が亡くなった時点でアメリカで相続を受けることができるのです。
被相続人との関係にもよりますが、配偶者や子供であれば相続を受ける権利があるので、そこは心配する必要はまったくありません。
そのため、海外にいるという方でも遠慮することなく手続きを行いましょう。

・相続の手続きは必要となる?
海外にいる場合であっても、相続の手続きは必要となります。
もちろん、そこは日本の法律に従って相続手続きが必要となるので、注意が必要です。
配偶者の場合も子供の場合も、日本の法律をしっかり熟知して相続の手続きを行っていくことが必要となってくるでしょう。
相続の場合は状況がそれぞれの家庭によってまったく違ってくるので一概には言えませんが、海外に複数の遺族がいる場合でも同様です。
被相続人と一緒にアメリカに移住した場合はもちろん、離婚後に自身が移住したものの、子供などがいる場合でも手続きは必要となります。
そこを理解しておくことで、しっかり相続を受けられるようにしておくことが重要です。
相続放棄をする場合はもちろん、相続をする場合も手続きが必要となる点に関しては、覚えておくようにしましょう。
ただ、中には親のことをあまり知らないという状況の人もいるかもしれません。
例えば、小さな頃に両親が離婚し、海外に移住した場合などは、子供たちも状況が把握できていないこともあるでしょう。
被相続人が亡くなった場合、その被相続人の相続対象となる相続人がいるかどうかの調査もあるので、そちらで明確にしておくことが重要です。

・海外にいる相続人の続柄はどこまで適用?
海外にいる相続人の中には、関係が曖昧な相続人もいるかもしれません。
被相続人本人の配偶者や子供であれば問題なく相続できるのですが、例えば孫やいとこのように少し血縁も遠くなっていくと、関係も曖昧になることがあります。
それらの点もしっかり考慮しておくことが必要となるでしょう。
ただ、こればかりは状況によってかなり変わってくるので、心配な方は専門家に相談してみてください。

おすすめの税理士

遺産相続をスムーズに進めるうえで専門家の存在は欠かせませんが、中でも税理士は相続税がかかるかもしれない場合に役立ってくれるので、もし相続税がかかる可能性があるなら早めに依頼しておくことをおすすめします。
相続税がかかるかどうかは被相続人の生前に分かる場合もありますが、分からない場合のほうが多いので、多くは自身が相続人となってから具体的に動き出すことがほとんどです。
Continue reading “おすすめの税理士”

節税について

遺産相続をするときにたくさんの財産を相続すると相続税がかかる場合があります。
相続税は遺産相続をしたすべての人が対象になるわけではありませんので、相続人によっては関係ないことではありますが、知識として把握しておくと自分が相続税の対象になったときに対応しやすくなります。
相続税が発生すると金額が大きくなることも多くなるため、できるだけ節税できる選択肢を持っておくことが大切になりますが、相続税を節税するためにはどのような手段があるのでしょうか?
Continue reading “節税について”

相続に強い税理士

遺産相続をしたときに相続税がかかるかもしれない…そういったときに役立つのが税理士の存在です。
税理士はその名の通り税金のエキスパートですから、あらゆる税金の悩みをクリアにすることができますし、トラブルにも対応してくれるとても心強い専門家です。
特に遺産相続はトラブルが起こりやすいことでも知られていますし、相続税に関するトラブルもよく起こります。
Continue reading “相続に強い税理士”

税理士と顧問契約

税金のエキスパートと言えば税理士ですが、遺産相続によって相続税がかかるかもしれない場合、税理士に相談するとどのようにすればいいのか良いアドバイスをもらえますし、節税対策もしてもらえます。
もともと税理士と顧問契約していた人であれば、遺産相続が決まった時点で、顧問の税理士へ連絡してその後の手続きに関する話を進めていけばいいのですが、まだ税理士が決まっていない場合は情報収集する必要があります。
そこで今回は将来的に顧問となる税理士を求めている人に選ぶときのポイントをいくつか紹介していきますので参考にしてください。
Continue reading “税理士と顧問契約”

税理士への依頼

相続税は被相続人から遺産相続をした場合にかかってくる税金で、すべての相続人が対象になるわけではありませんが、課税対象になった場合は被相続人が亡くなってから10カ月以内に税務署へ申告しなければなりません。
相続税申告の手続きは自分で行うこともできるものの、専門的な知識が必要だったり、節税などのことを考えると税理士に依頼するのはおすすめです。
Continue reading “税理士への依頼”

税理士の費用

遺産相続をするときに相続税がかかるかもしれないことを想定している人も多いと思いますが、相続税について相談するなら税理士に依頼することになるでしょう。
これまで相続税は富裕層が納める税金というイメージが持たれていましたが、平成27年1月1日以降基礎控除の計算式が改正になってから大幅に引き下がったので課税対象になる人も増え、より身近な税金になりました。
Continue reading “税理士の費用”

税理士を選ぶ

遺産相続をするときには相続税が発生するかもしれないことを想定しておかなければなりませんが、相続税がかかる場合は税理士に依頼して手続きを進めていくとスムーズかつ確実になります。
ただ一般的にこういった専門家へ依頼すると料金が高い、本当にきちんとやってくれるのか?といったネガティブな意見も出てきますので、選ぶにしても慎重になる人も多いのではないでしょうか?
そこで今回は税理士を選ぶときにはどのような点を意識すればいいのかお伝えしていきますので、これから相続税について税理士に相談したいと考えている人は参考にしてください。
Continue reading “税理士を選ぶ”

相続の手続きは難しい?

相続をはじめるにあたって意識しておかなければならないのが「どのようにしてスタートさせるか?」という点で、これは相続人となる人たちが全員共通の意識を持っておかなければスムーズに進みません。
しかし実際にはなかなか難しく、相続人によって知識や認識の差があったりして口論になったり、最悪の場合訴訟に発展する可能性があったりしますので注意しなければなりません。
Continue reading “相続の手続きは難しい?”